がん免疫細胞治療

最新かつ安全性の高い環境での細胞培養

ホーム > がん免疫細胞治療 > 免疫細胞治療の技術安全性

最新かつ安全性の高い環境での細胞培養

患者さんから採取した血液は、免疫細胞治療専門の培養施設*(CPC:セルプロセッシングセンター)に運ばれ、培養、加工を行います。当院では、免疫細胞治療の専門医療機関である瀬田クリニックグループと医療連携を行っており、 治療で採血した血液は、瀬田クリニックグループの細胞加工施設に運ばれ、 専門技術者により培養・加工されます。施設は高度な設備基準を設定しており、また徹底した品質検査、厳重な資材管理等が行なわれ、患者さんに安心して治療を受けて頂ける体制が構築されています。

*細胞培養施設
患者さんの細胞を培養するクリーンルームは、無菌医薬品を製造する部屋と同等レベルの管理がなされています。空調設備や使用する機材は、コンピューターによる一元管理システムで24時間リアルタイムに稼動状態を監視されています。

イメージ

© 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりまクリニック
先頭へ