がん免疫細胞治療

免疫細胞治療とは

ホーム > がん免疫細胞治療 > 免疫細胞治療とは

免疫細胞治療とは

私たちの体には、細菌やウィルス、また体内に発生したがん細胞などを攻撃し、体を守る“免疫”という仕組みが備わっています。免疫細胞治療とは、この免疫の仕組みを利用して、患者さん自身の免疫細胞を莫大に増やし、強化して、再び体に戻すことでがんを抑え込もうとする治療です。

最先端の免疫学や分子生物学に基づいた先進的治療であり、いわゆる三大治療(手術・抗がん剤・放射線療法)と併用することで相乗効果を高めたり、手術後の再発予防治療としての効果などが期待されています。

イメージ

自らの免疫細胞でがん細胞を抑え込む

一般的に健康な人でも、一日に数百から数千個もの、がんなどの異常細胞が発生していると考えられています。しかし、がん細胞が発生したからといってすぐに発病に至るわけではありません。その理由は、発生したがん細胞を攻撃し、抑えこむ“免疫”という仕組みの存在です。

ところが、体内に生じた異常な細胞が免疫システムの監視を潜りぬけて分裂、増殖してしまう場合があり、これが年数を経てがんとなって発症するのです。がん細胞の中には免疫細胞の増殖や攻撃を抑制する力を持っているものもあり、一度発症したがんを本来の免疫のカで抑え込むのは難しくなります。そこで考えられたのが、免疫の機能を人為的に強化することで、がん細胞を抑え込む免疫治療(免疫療法)です。

免疫細胞治療の特徴

副作用がほとんどなく、体にやさしい治療です。

免疫細胞治療は、もともと患者さん自身の体の中にある免疫細胞を用いるため、軽度の発熱や、まれにアレルギー反応が見られること以外に重篤な副作用はありません。また、施術は基本的に採血と点滴または注射による投与のみですので、治療により体力の低下を招くといったことは基本的になく、QOL(quality of life:生活の質)を維持したまま治療を続けることができます。

イメージ

抗がん剤や放射線治療との併用で、相乗効果が期待できます。

免疫細胞治療は、他の治療法を受けている方でも併用して受けることができ、組み合わせ方によって相乗効果も期待できます。

手術後の再発を抑える治療として、効果が示されています。

目に見えない、または検査で検出できない微小ながん細胞が手術後に残り、がん再発につながる場合があります。免疫細胞治療はこうした微小ながん細胞を攻撃でき、再発予防治療としての効果が期待できます。

イメージ

入院が不要で、がんの種類を選ばず治療が可能です。

基本的に外来通院での治療であり、入院が不要です。また、一部の血液がん(白血病、T細胞型の悪性リンパ腫等)を除くほぼ 全てのがんが適応となります。

※ただし、症状が重篤な場合は、通院による負担が病状の悪化に繋がる恐れがありますので、事前のご相談となります。

イメージ

© 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりまクリニック
先頭へ